いきなのガノタ夜話

おっさんが酒を片手に好き勝手ガンダムと自分のエピソードを語るだけ。

初めてのガンプラ作りにオススメ工具

どうも、いきなデス。
今回は趣旨を変えて、初心者オススメの工具を紹介します。

工具の必要性
まずはここから。人によっては「爪切りで十分」と言われる方もいるでしょうが、せっかく買ったガンプラです。なるべくキレイに作りませんか。難しいことじゃありません、爪切りの「切る」部分と「削る、整える」部分を二つに分けるようなものです。最初はそれだけでいいんです。慣れてくれば、自ずとやりたい事が見えてきます。ガンプラは最初の敷居を高くすると続かなくなるどころか、せっかくの初めてのガンプラを中途半端に諦めることにもなりかねません。まずは、手頃な値段の道具で、自分の腕とともにステップアップしましょう。

パーツを切り取るニッパー。
最初に必要なのは、ガンプラ作りの全行程に関わる道具『ニッパー』です。他サイトさんでも、まずはニッパーから勧めると思います。みんなそうする、私もそうする。でも何がいいのかわからない。まず確認するのは、「プラスチック用」ニッパーを買うことです。当たり前ですね。でも、大は小を兼ねると思って違う素材を、より堅い素材を切るニッパーを選ぶと後悔するかもしれません。何故なら、歯が丸くなるからです。全部がそうとは言い切れませんが、より堅い素材を切れるモノを選べば、たしかにプラスチックも簡単に切れるでしょう。しかし、歯が丸いので、切り口が荒くなったり、プラスチック素材を折り曲げたかのような白い跡が残ったりします。切り口が荒いのはまだいいとしても、白い跡はなかなか取れません。無理に削ったりすれば、原形がなくなってしまうくらい、ダメージになったりします。なにより切った場所、パーツによっては脆くなり強度に影響します。これが一番くせ者で、思い出した頃にポッキリ逝く要因になったりします。良し悪しがわからないうちは、必ず「プラスチック用」ニッパーを買いましょう。まあ、それを上手く塗ったり補強して直すのも、醍醐味の一つではありますが。この話はいずれ。私が……作るの失敗したら、し、しし、しませんけどねっ。

オススメ! ニッパー1
タミヤクラフトツール ベーシックツールセット | タミヤ
まずは、これ。入門編といえるセットです。
コレ一つあれば、市販のガンプラはほぼ、作れるでしょう。少なくともHGからPGまでで、これ以外の道具はいらないはずです。このあと説明するヤスリやピンセットも付いて来ます。
「え、これあったらもう他いらないんじゃない?」
なんて思わせるツールセットです。……最初はね。

オススメ! ニッパー2
shop.godhandtool.com
はい、次がコレ。初級と言ったから、次は中級と言いたいところですが、多分、最初のセットのニッパーに慣れてくると、より良いものが欲しい。キレイに切りたいなんて願望が出てくると思うので、サイトのアニメ絵とは裏腹にいきなりのトップクラスです。値段も割とするので、悩みどころです。実際、ニッパーは使い続けるうちに切れ味も落ち、刃こぼれもしますから、タイミングを見て買い替えたりもします。まあ、人によっては研いだりして、定期的にメンテナンスされたりもします。もし、このニッパーも駄目になったらかなりの数のガンプラを作ってると思いますので、自分のしたい事も見えてくると思います。私のお勧めは最初は安いニッパーで、それを使いつぶしてから考えるのをお勧めします。いきなり、いいのを買うのもアリですが、いいモノをより実感するためにも自身の修行も必要だと思うのです。私は段階的にセット→1000円→2000円…といった具合にステップアップしましたが、2本目から高くてもいいんじゃないかなと思って、これをおススメしました。まあ、あとは可能であれば、種類も増やしていくといいと思います。「先がも少し細い方が…」とか「ここは太めのが欲しいかな」なんて局面もありますので。

キレイに整えるヤスリ
私の中では、ガンプラ作りにおいて70%ぐらいを占めると思っています。ガンプラにもよるのですが、パーツカットが2割、ヤスリがけが7割、組み立てが1割ぐらいの時間です。ヤスリがけにここまで力を入れるのは、切り跡にキレイにするだけで全っ然違います。これは作ったことのある人と無い人で思いっきり別れると思うのですが、一度ガンプラを作ると「他人の出来」が分かるようになります。すると自分の出来が自分自身で気になる。自分より上手に作れる人は山ほどいる。でもその中でも、自分は自分の中で納得いくものを作れているのか、そんな禅とか哲学とかその辺の迷路に迷い込ます。だから、丁寧に作るのです。好きなものを好きなように作って、好きなように愛でたいから。まあ、私の一意見ですので、それこそ好きに作ったらいいとは思います。ただ、やっぱりキレイに作れたら、嬉しいものです。

おススメ! 紙ヤスリ
メイクアップ材シリーズ フィニッシングペーパー(細目セット) | タミヤ
まあ、あれだけ言いましたが、これしかない気がします。紙ヤスリのセット。消耗品ですから、購入する機会は多いと思います。アドバイスさせていただくとすると、数字を間違えないでください。紙ヤスリは番号で目の粗さが違います。番号が大きいほど目が細かくなります。いきなり仕上げ用の紙ヤスリで始めれば、ぜんぜんプラスチックが削れないので、時間の無駄ですし、紙ヤスリも無駄に消費します。逆に仕上げのタイミングで目の粗いモノを使えば、傷だらけになって爪切りのやすりどころではありません。そこだけ変に凹んだり、擦り傷のような跡を見て、ガンプラ完成後のあなたのハートを傷つけます。紙ヤスリはバラ売りもしているので、目の細かいヤスリを中心に自分流のフィニッシュラインを見つけてください。最初はこの紙ヤスリセットで、段階的に仕上げましょう。最初の順番としては、上記にあるニッパーセット内の鉄ヤスリ→400番→600番→1000番がいいでしょう。鉄ヤスリがあるので、フィニッシングペーパーを勧めましたが、鉄ヤスリと紙ヤスリは種類が多様にありますので、自分自身で使いやすいものを探すことになると思います。


とりあえず、ここまで。
今回、敢えて「絶対コレ!」を出さないのは、道具というのは最終的に自分の「使いやすさ」を理解しないといけないので、下手なモノを勧めると道具に合わせさせるので、それもどうかなーとも思うので、「最低限いる」と思われるものだけ勧めました。最終的に自分のスタイルにあったものを探し、選ぶのもぜひ遊んでいただきたいと思います。個人的に欲しいものとか、また次の機会を設けたいと思います。

では、次回を待て!

重量が3kgも減ったνガンダムは伊達じゃないっ!

どうも、いきなデス。
ユニコーンに引き続き?νガンダムで行こうと思います。
www.bandai.co.jp

タイトルは知る人ぞ知る、逆襲のシャアで冒頭の1シーンです。開発中だったνガンダムがロールアウト直前に重量を下げたという報告を受け、アムロの秘書というか恋人というか、え、Zの時にいたベルトーチカは?なチェーンさんが激おこで開発スタッフに詰め寄っています。宇宙空間でたかが3kg思うでしょう。つい、重さに目がいきますが、材質の強度の話をしてるみたいです。これが後にガンダムファンはもちろんのこと、全てのロボットアニメファンが耳にした事のある、オーパーツ「サイコフレーム」に繋がる伏線になります。

サイコフレーム
νガンダムよりさきにコレを説明するのは、ユニコーンガンダムの影響です。ユニコーンの力の源でもあり、νガンダムが大気圏から小惑星アクシズを退けたり、ネオジオング(本体のシナンジュの力?)で時空を飛んだり、コロニーレーザー止めたり、その気になればMSどころか全人類の心すらコントロールして、戦争を止めさせられる。そんなとんでもない兵器(兵器と言い切るにはその概念すら越えている気もしますが)を搭載したのがνガンダムです。といっても、コクピット周りだけなんですが。今でこそ「だけ」とかいう話になってしまいますが、初めてサイコフレームが紹介されたときは、アムロも「すごいアイディアじゃないか」と称賛するように、とんでもない技術なのです。サイコガンダムをご存知でしょうか。
http://p-bandai.jp/item/item-1000110945/www.bandai.co.jp

この真っ黒いのです。
当時、サイコミュ搭載機というのは、そのシステムを携行させるのが難しく、サイコガンダムのようにMSが大型化するというか人型も保っていられないので、むしろ巨大MAの方が常で、それがνガンダムに乗せられるほど縮小化できるということは、日本バブル期の肩掛けの大きな携帯電話から、急に現在のスマホになったようなもんです。まあ、こんな例え方するとユニコーンが全身スマホみたいな事になって逆に邪魔くさいイメージなってしまうのですが。
で、結局サイコフレームって何?ってことなんですが、端的にいえば「すげえサイコミュ装置の部材」です。じゃあ、サイコミュって何?人の思念を増幅する装置……というか、敵の感応波(攻撃してくる意思、敵意といった気配)の受信し、パイロットの反応速度を上げるのが主な目的だったはずです。ビームサーベルが伸びたりとか、メガ粒子砲弾いたりとか、隕石止めたりとか、そんなイメージが先行しますが、本来はテレパシーや予知に近いものです。ファーストガンダムで、アムロが敵を察知してドムを倒しまくるシーンがありましたが、あれが戦争時におけるNTってことで、サイコミュ開発が本来目指していたものかと思われます。今では、ターンAと並ぶ超兵器になりました。

さて、やっとνガンダム!

f:id:psychogm:20171114234530j:plain
映像順では初のファンネル搭載機ガンダムになります。ガンダム史でいえば、何番目になるかは知りません。後付け設定でナンボでも変わるでしょうし。当時、子供だった私は知りませんでしたが、ファンネルって「敵MSの武器」って印象が強かったため、νガンダムがファンネル使うのって抵抗があったみたいですね。最近は当たり前に搭載してるガンダムが何体もいますし、種死(ガンダムSEED DESTINY)ではストライクフリーダムガンダムが、「ドラグーン」ってファンネルみたいな武器使ったときは逆に喜びの声が聞こえました。時代って変わりますねえ。あ、私はνガンダムの時から、喜んでましたよ。だって、あれだけうっとしい武器を今度は主人公から使えるのだから、これは最強だなって思いますよ。子供ですから、敵の強い武器はこっちだって使いたいと思います。あー、でも「敵」ね……その辺の見方もまだ子供ででしたね。
f:id:psychogm:20171114234520j:plain
しかし、今回の撮影で、やっぱりνガンダムは一番好きな造形ですね。その上、写真のνガンダムはMGνガンダムVer.Kaになります。デザインされた、カトキハジメ氏はすごいですね。旧MGνガンダムと比べたら、そのデザインの差。

Kaと何が違う?
f:id:psychogm:20171114235635j:plain
うわぁ……いや、私の技術が低いかもですが、並べてみると旧MGがかわいそうになってきました。なんかゴメンなさい。何がこんなに変わるのかというと、純粋にデザインが古い。だって、私知ってるよ。MGのνガンダムって、MGシリーズが出る前の旧キットの流用でしょ。子供のころに中身見たもん。股関節部の金具が珍しかったから、旧MG組み立てたとき、すぐ気付いたもん。騙されないからね!……コホン。まあ、流用なんて今に始まったことじゃないですし、悪いところから先に出しましたが、旧MGには昔のロボットによくある力強さを感じますね。かわってVer.Kaにはシャープです。アニメのまんまというよりか、「アニメを見たイメージで脳内に補完されたイメージ」という表現が似合う感じがします。でも、並べてみてると、長男・次男っていう気もしてきました。力強い兄を見て、要領よくなった弟という感じです。

Ver.Kaスペシャル
序盤にサイコフレームの説明をいやというほどさせてもらいましたが、ここの伏線でもありました。そう、Ver.Kaではユニコーンガンダムのように、サイコフレームが露出するんです! アニメには無い設定ですが、「νガンダムをフルサイコフレーム化させたらどうか?」という試みでしょう。以前、イベントでもそれが映像化されていたのですが、Ver.Kaでそれが実現しました。
f:id:psychogm:20171114234503j:plain
まず、これが普通。(フロントパーツ外れてますね……うう。見つからなかった)
そして、変身!
f:id:psychogm:20171114235101j:plain
どうですか! わかりづらいでしょう、そうでしょう!
私も写真にするとどうかと思います。ですが、実際に手元で緑色のサイコフレームがνガンダムの装甲の下から露出するのは、感動モノだったんですよ。
f:id:psychogm:20171114235055j:plain
もう少し、分かるようにバストアップで。
肩と腕、胸部が開いて緑色のサイコフレームが見えると思います。これが、生で見ると、たまらんのですよ。これで、ダブルフィンファンネルが一斉に襲ってきたら、絶望しかないと思います。え、ダブルフィンファンネル?

ダブルフィンファンネル型
はい、最初の写真でお気づきの方もいたでしょうが、本来、νガンダムはバックパック左側にフィンファンネルが6基あります。私はバンダイプレミアムにお布施をして、右側にも6基のフィンファンネルを許されました。ちなみに両方フルでつけると、重みで前に傾きます。そして、落ちます。写真にその情けない姿をお見せしたかったのですが、撮る前に崩れるのであえなく断念となりました。
ちなみに、そのダブルフィンファンネル。全展開するとこうなります。
f:id:psychogm:20171115003836j:plain
ポーズのせいもありますが、フィンファンネルを避けれても間合いを詰められて、ぶった切られる感がすごい。そして、
f:id:psychogm:20171115003833j:plain
これ一斉に来たら、死ぬ。死んじゃう。
ダブルフィンファンネルは昔から憧れだったのですがやってみると、圧倒感がハンパないです。組付けるのも難しくて半端ないですが。

総評というかまとめというか。
文章や写真の準備に2日かかってしまいましたが、やはりνガンダムは写真撮っても、ポーズを楽しむのも楽しい機体ですね。Ver.Kaでは細かいデザインのわりに可動域もいいので、ポージングもしやすいです。ぜひ、買って楽しんでいただきたい一品です。私の場合、リ・ガズィのおかげで、欲しくても手に入らなかったガンプラでしたから、思い入れも強いかもしれません。情けないMSのせいで……! 今では大好きだけども。それを差し引いても、十分、作り甲斐と楽しみ甲斐のあるガンプラです。

ではまた。次回を待て!

可能性の獣っていうけど、あまり獣じみた動きはしないユニコーンガンダム。

どうも、いきなデス。
今回はユニコーンガンダムです。お台場に建ちましたが、お台場ガンダムの後にユニコーンが来るのは、技術的なアピールも含め、バンダイ的にも人気的にも「次世代のためのガンダム」という事なのでしょうか。実際のところはわかりませんが、そのうち見に行きたいものです。私はお台場ガンダム見に行ったときは、残念ながら一度解体されバラバラの状態しかみれず(それでも頭部を間近に見れたのは嬉しかったですが)、再び大地に立った時も実際に見るチャンスは逃してしまいました。ユニコーンこそは、今度こそは、その立ち姿を生で見たいモノです。やはり見に行くなら冬。そう、今が一番キレイに見れる時期だと思います。今冬中には行きたい……!

はじめに。
えーっと、今回もPGです。いや、待って聞いて。「お前、どんだけPG持ってるんだ」とツッコミが来そうですが、私事ながら仕事の関係上、引越が多く、繰り返す中、写真を撮れるレベルで現存してたのが、実家にあるコレしかなかったんです。持ってたら、飾りたくなるでしょう? 孤独に一人、地方で慰めてくれるのは飾ってあるガンプラだけだったら、どこまでも持って行ってしまうでしょう? その最中パーツを紛失したり、どっか折れちゃうなんてよくある話で。で、私のMGユニコーン。気付いたら消えてました。ので、実家に眠るPGを引っ張り出したと。数少ない一つなので、「オレ、いっぱい持ってるぅ♪」とか自慢じゃないんですよ。むしろ、後先考えずに購入したせいで、地獄を見た一例ですよこれ。その話も後にするとして、まずはビジュアルから。

ビジュアル
まずは、前回の
ganota.ikinandamz.info
で登場してもらった、シャアザクパイセンに並んでいただきましょう。

f:id:psychogm:20171112220614j:plain
まあ、当然、大きいんですけど。
シャアザクパイセン17.5m
ユニコーンガンダム19.7m

1/60スケールで考えたらその差約3センチ。
ちょっと大きいんですね。こういう機会でもないと、並べることもないので気付きませんでした。ガンダム史で言うと、MSは少しづつ大きくなっているようですから、この差はまだ少ない方かもしれません。

ユニコーンと言えばNT-Dモード。
f:id:psychogm:20171112231957j:plain
ニュータイプと思われるパイロットを感知すると発動して、強化人間だろうが殲滅する-いわゆる「ニュータイプ絶対殺すマン」

アニメで初めて見たときは、感嘆しました。変形・合体の方がダイナミックなはずなのですが、変身するギミックというのは初めて見たので、徐々に装甲が開いていき、最後にガンダム顔がバン!と出たときは、変身に合わせて「おお……おおお、おお!」と声が出たのは未だ記憶に残っています。

PGならではのオプション
ここは前もって説明するでなく、画像で徐々に進めていきます。まずはバストアップ。
f:id:psychogm:20171112231945j:plain
ちょっと顔がくらいなあ。と思うでしょう。スイッチオン!
f:id:psychogm:20171112231933j:plain
カッ!

目が光るんですね。しかし、PGの凄いところはさらにここからです。
f:id:psychogm:20171112231915j:plain
露出したサイコフレームが光るんです!

ユニコーンガンダムの内部には、ニュータイプの力を増幅するサイコフレームがふんだんに搭載されています。この赤く光ってる部分がサイコフレームです。そして、この全身のライトアップは今までのガンプラにはない! 作るとき、苦労しました! 配線とか、目を光らせるぐらいしか経験ないのに、全身に配線を通すんだから、初めて無事に光ってくれた時は嬉し泣きですよ。ほんと、苦手なんで。

え、わかりずらい? では、ちょっと電気を消して……
f:id:psychogm:20171112232321j:plain
めちゃめちゃ明るいんですよ。LEDは伊達じゃない!

ぶっちゃけ、直視すると目に痛いレベルで眩しいです。でも、光らせたままずっと飾っておきたいですね。家はスペースの問題でいつの日かと夢見ながら、押し入れにしまったままですが。

組立た時の感想
PGはシャアザクパイセン以来なんで、苦労するのは予想していましたが、この変身するメカニズムがかなり苦戦しました。またあとで、説明しますが時間とお金がかかりました。PG本体とLEDセット、あと気付いた人もいるでしょうが、これ……フルアーマーなんです。撮影すると大きすぎて私の家の中が見えてしまうので、今回は勘弁していただきたい。いつか、いつかきっと。それで、フルアーマーの武装も相当な量なので、社会人として合間合間にやっていくと繁忙期も重なって、完成するのに半年かかりました。シャアザクパイセンは別の苦労がありましたが、それはあくまで一般的なガンプラ作りの範疇で、ユニコーンに関しては「待ち」が長かった印象が強いですね。作る苦労は確かにありましたが、作り始めるまでの準備期間も入れたら、ゆうに1年を超えるガンプラでした。

時間とお金
今だったら、時間はそんなに関係ないかもしれませんが、私が購入した際はまずPG本体が予約2か月待ち。そのあとのLEDユニットも1か月予約待ち。そのあとのフルアーマーセットも3か月予約待ち。そして、ようやく届いたPG本体の説明書を見ると「LEDユニットやフルアーマー取り付けるなら、このように作ってください」と考慮した表記がある。「なら、全部揃ってから作った方がいいか」と判断した私はゆうに半年待ってからの作成だったわけで。実際、私にとってそれは正しくて、もしPG本体を先行して作ってたら、また分解して配線したり、作りなおしたりという2度手間が避けられたのはよかったと思っています。今なら、探せば手に入ると思うので、私ほど時間はかからないでしょう。
そして、ここからがお金の話。

PG本体が21,600円(税込)

LEDユニット12,960円(税込)

FA(フルアーマー)拡張ユニット7,020円(税込)

全部で4万越え……。当時の私は、何を考えていたのでしょうか。いや、後悔は無いのですが、バラバラに買ってたからこそ、ドツボにハマったというか。ずるずるとキャバ嬢に入れ込むおっさんのような……いや、おっさんですけれど。一度に買うとなったら、諦めたかもしれません。ちなみに欲しいけど、絶対買えない憧れの一品はこれ。
p-bandai.jp
ふふ、ちなみこれもLEDユニットが装着可能で別売りです。合わせて買ったら5万いきますね。私には無理でございますことよ。
ユニコーンガンダムは業が深いですね……。

後悔? いや無いです。
作るのに苦労したとか、お金がすごいかかったとか、完成に1年かかったとか、マイナス面を前面に出しましたが、気付いていただきたいのは、それを「した」ということです。私の普段のガンプラ予算はそれこそMG1体分くらいなもので、PGとか普段は枠外なんです。たまたま、ちょっとした副収入があったぐらいで、PGを買うの時はそんな偶然です。ユニコーンはPG本体はきっかけに過ぎず、そのあとのLEDユニットやフルアーマーなんかは、「どうせなら」「せっかくなら」で、ポンポンと後先考えずに踏み込んでしまいました。確かにその後の生活が多少、負担になりましたが全く後悔はありません。面と向かって聞かれたこともありますが、ユニコーンは本当に欲しくて買ったものなので、あの時PGを買う機会が得られて幸運だったとは思いますが、その後の追加パーツも来るのをもどかしく思うことがあっても、やはり何度思い返しても買ってよかった……いや、「買えてよかった」しかないですね。

まとめ
f:id:psychogm:20171112231924j:plain
総じて言うと、それだけの魅力があるガンダムだと思います。私なんかからすれば、そもそも「ユニコーンガンダム自体を待ってたんだ」と。ガンダム史におけるファースト、Z、ZZ、逆襲のシャア、その後に来る作品『ガンダムUC』はその登場だけで、嬉しくて、恐らく人気が出ても出なくても、そのガンプラは買ったでしょう。それがユニコーンガンダムのようにカッコよくなくても。でも、ここまでお金かけるのは、ユニコーンがカッコイイからですね。今回はPG推しでしたが、MGもHGもいいと思います。特に、覚醒してサイコフレームが緑色に光るユニコーンガンダムはMGで欲しいなあとか思ってますし、RGやHGのサイズは飾るにしても弄るにしても、私の家ではちょうどいいサイズなので、こっちも欲しいです。特にUCシリーズはHGで豊富に出てるので、全部揃えてみたいですね。作品自体も好きなので、そちらも是非是非。

では、次回を待て!

赤く塗れば性能が3倍になるシャアザク

どうも、いきなデス。

今回はシャアザクです。赤く塗れば3倍とか、そんなワケあるかというツッコミもとっくに風化している中、改めて既知な解説をすると、3倍というのはあくまで、データ上のザクで想定されるスピードより速くて、約3倍近いだけで、それを観測したのも当時、素人集団もいいとこだったホワイトベースのオペレーターで、自艦を襲うであろう赤いザク(シャアザクってか劇中どうみてもピンク……いや、今更言うまい)にビビりすぎてオーバーに言ったのが元々で、実際、シャアザクはピーキーなチューニングは施されていたそうですが、3倍どころか1.5倍も怪しいらしいです。つまり、シャアが凄い(既視感)という事になります。まあでも、シャア専用ザクなんて有名すぎて、これくらい解説されるまでもないとか言われそうですが。ちなみに、資料0で私の記憶だけで書いたら、大体当たってました。ドヤァ……って程でもないか、嗤われそう。

 

ビジュアル。

さて、今回はすごいですよ。PGで紹介します!

頑張って作った逸品の一品です。初めて製作したPGで、難産でした!

f:id:psychogm:20171111200827j:plain

元気な子が生まれましたよ!

 

作りごたえがあったこの子も今ではとっても多くなり、……ってすごい大きんですよ。PGって。

f:id:psychogm:20171111200845j:plain

(あまりの大きさの為、特別スタジオ(段ボール)でお送りします)

いやいや、これじゃどれだけデカいか分からない?

では、前回紹介した、

ganota.ikinandamz.info

 

アストレイレッドフレームがRG(1/144)なのでご登場いただきましょう。

f:id:psychogm:20171111200839j:plain

(あまりの大きさの為(ry

 

1/60は伊達じゃないですね。で、なぜPG持ってきたかというと、シャアザクってビジュアルが有名すぎるので、普通のサイズよっかどーんとしたスケールの方が紹介しやすいかなーって。いえ、けしてこれしか持ってないわけではないよ。やめて、家探ししないで。

で、まあ私の脳がガンダムに洗脳されてるせいもあるのでしょうが、シャアザクってピンク……ですよね。絶対そうですよね。男の子が大好きなロボットっで、そのライバル機がピンクって!とか思うはずなんですけど、シャアザクや他のシャア専用の機体ってピンクでも違和感ないんですよね。むしろ欲しかったし、買ったし。これが種死(ガンダムSEEDDESTINY)のルナマリア専用機のピンクともまた違う印象があるわけで。「シャア専用」というブランドがどんだけなのかと思います。

 

ガンプラの感想

BB戦士、MG、PGと作ってきたのですが、楽しいです。少しずつ「シャア専用のザク」が出来ていくというのは、作ってる最中に頭の中で妄想が膨らみます。それだけで完成までの間は楽しめるのですが、MG以上になるとジオン系モビルスーツの宿命、これ!

f:id:psychogm:20171111204043j:plain

このホース!

ピンとこないでしょう? これね、MGクラスになると、この段々のところが全部別れてるの。バラバラなの。パーツを切り取って、ヤスリをかけて……を頭と腰と両足分ね。(1+1+2)×10(平均で)だから大体40個の小さなパーツを、PGですら小指の爪ほどないパーツを40個延々とヤスリにかけるの。もー、発狂するレベルで、やたら面倒!

 ま、まあ。この辺はもう、愛でカバーしてくださいとしか。これから購入を考えてる方はホースに気をつけてください。ホントに。

 

思い出とかまとめとか

f:id:psychogm:20171111200834j:plain

(ヤンキー座りが絵になるシャアザク先輩)

 

ウンコ座り似合いそうだなってやらせたら、マジで似合いますね。パイセン、パネェッス。マジ、リスペクトっす。並みのザクじゃ、この威圧感出ねえっすわ。

 

「ガンダムのライバル」って言われたら、ジオングよりもシャアザクの方がイメージありますよね。多分、登場する回数が多く、序盤で苦しめた、苦しめられた事が別格になってるんだと思います。私が子供の時も周りでも、ズゴックはともかく、ゲルググやジオングの方が強いのは分かっているのに、シャアザクは特別な扱いでした。どう扱うかというと、カードダス。古いですね。一気にピンとこない人が増えたと思いますが、当時のトレカとでも思ってください。そのカードを保管する時、シャア専用が搭乗したMSのカードは、みんなザクが最初なんです。より強いカードを上にしそうなんですが、一番前はシャアザクなんです。無自覚だったと思いますが、「シャアザクは特別」というのは今でも続いてる気がするのです。それってとても、凄いことだと思うのですが私の気のせいでしょうか。

最後は少し、しんみりしてしまいましたが、今回はここで。

 

では、次回を待て!

カーラ、すごいっ君の作ったサイコ・ザクは……!

どうも、いきなデス。
今回は「リユース・サイコ・デバイス装備高機動型ザク…ん…長いな…サイコ・ザク」です。

f:id:psychogm:20171110213308j:plain

原作『機動戦士ガンダム サンダーボルト』やアニメを見られた方もいらっしゃるでしょうが、フルアーマーガンダムとの対決、その結果たるや胸が熱くなりました。

初めて原作読んだ時は思わず感涙……とまではいかなくとも、思わず声が出た人もいるでしょう。私は残念ながら後者です。歳を取りすぎたようだ……。

サイコ・ザクは先にも書いた「リュースサイコデバイス」で操縦します。詳細は省きますが、人間の手足のように精密な動きができるので、MSの性能が飛躍的に上がります。しかし、パイロットには条件があり、それは人間が生きていく上で大きな枷になるものでした。原作が連載中にネタバレするのは好きでは無いので、ぼやけた説明になります。ご容赦ください。

見た目は後部のバーニア以外、高機動型ザクとさほど変わりはありません。後ろだけでも別機体に見えるほど、ボリュームが凄い。フルアーマーユニコーンを彷彿とさせるようなタンク、多彩な武器を操るアーム。このボリュームのある機体が宇宙空間で縦横無尽に飛び回り、ガンダムと戦うんですよ。

ザクが、ガンダムと渡り合うんですよ!

もう、ザクが雑魚の代名詞みたいなイメージのこの世の中でですよ。ガンダムのパイロットとか、乗りたてのアムロ少年じゃないんですよ。がっつりエースパイロットが登場したフルアーマーのガンダムを相手に、「戦える」という事が凄いんです。ファーストを見たことがある人は、

「え、シャアが圧倒してたじゃん」

とか思うでしょう。実際、同レベルのパイロット同士がガンダムとザクに乗ったら、スペック差がありすぎて子供と大人の戦いですよ。実際、シャアと戦う前に初めて乗ったアムロがベテランが乗ったザクを2機倒してるわけですから、ザクがどうというわけでなく、シャアが凄いんです。「知ってるわ、そんなもん」とか声が聞こえそうですが。

サイコ・ザクは原作が素晴らしいので、そのロマンでも楽しめるMSです。ガンプラのパッケージだけ見て気に入って購入したくもなります。かく言う私も、HGで原作絵のパッケージを見て作品を知りました。それから、がっつりハマった訳ですが、これはちょっと別のブログに書きましょう。サイコ・ザクというより、原作『機動戦士ガンダム サンダーボルト』を語りたくなってしまいます。今回はここまでにして、別の機会を設けましょう。

f:id:psychogm:20171110213332j:plain

さて、ブログ中盤でバーニアがどうの言ってました。ぜひ、お見せしたかったのですが……。
すいません、私のサイコ・ザクは作成中でバックパックが全然できてません。このブログも完成してから書くべきなのですが、気持ちを抑えられませんでした。その辺も含めて、熱中するMSだと思っていただきたい。

では、次回を待て!

刻(とき)を越えたり、刻の涙を見たりするZ

どうも、いきなデス。
今回はZガンダム。みんな大好きスイカバーです。誰だ、最初に言ったの。おかげで、あの名シーンがいつ見ても、スイカバーにしか見えなくなったじゃないか。っていうか、初回リ・ガズィで3回目でZとかやってると、オマエそこばっかかよとか、結局Z系なんだろとか、その上実剣に反応するとか永野信者かキサマとか言われそう。まあ、好きは好きですが。

f:id:psychogm:20171110002116j:plain
世代的にギリZに入るのかな。リアルタイムで見たのか再放送なのかは定かではありませんが。最近ではAmazonでも見ましたが、OPテーマが無くてがっかりだよ。がっかりだよ! 私の森口博子を返して。そんなワケで、私が童心に帰る作品の一つです。思い返せば、当時のZの鼓動が蘇ります。

「え、もうキスするの? 軽くない?」
「もうちょっとmarkⅡとカミーユ、ボロボロになれよ。Zにパワーアップしても中身育ってねーよ」
「ヤザンすげえ」

うん、なんて嫌な子どもだろう。今の私の方がまだマシな感想持ちますよ。

お風呂シーンもうちょっと頑張ってくださいとか。
レコアさん、例のシーン詳しく入れてもいいんじゃないとか。
やはりピンクは淫乱、何をするかわかったモノではないとか。
私、みんなが言うほどカツのこと嫌いじゃないよ。あ、いや、みんなほど嫌いじゃないだけで嫌いは嫌いだけど。カツの中の人、ナレーション多いから、不意に聞くといらっとするけど。……嫌いじゃないよ?とか。
ロザリアを診てるお医者さんになりたいとか。

あ、破廉恥って、いやらしいとかそういう意味じゃ無いらしいですね。人として恥ずべき行為だとかそういう意味だとか。恥ずべき行為。やらしいですね、破廉恥だ。

いかん。話が斜めに逸れてる。斜めじゃねえ、多分、真横ぐらいズレてる。そんな訳でZガンダムドーン!
f:id:psychogm:20171110001730j:plain

はい、RGのZです。
ハメガランチャーはHGから拝借。強力な磁石で、
f:id:psychogm:20171110001817j:plain
ウェーブライダーでも、装着可。ドヤァ。

純粋なZはこれが初めてですが、他のZ系の機体と比べると、きれいですね。スタイリッシュ?が合うのかな。可変MS・MAはどうしても変形させようとした時のゴチャゴチャ感やポッキリイってしまいそうなスリルがありますが、変形し終えた時に体感する格好良さはZが一番じゃないかと思います。まあ、ZZのどすこい感も中々ですが。

Zガンダムはファーストではテレパシーのような表現だったニュータイプの見えない「何か」をより視覚化した作品だと思います。こっからエスカレートが始まるわけですが、その階段の1段目のような。そんな作品の主人公カミーユの心を表現するマシン、Zガンダム。後に登場するMSにもデザインも含めその影響は大きいと思います。スイカバーと言われますが、実際にガンプラ買って作ってみると、「スイカバーwwww」とか言ってた気持ちが「誰だ、スイカバーとか笑ってたヤツァ!」と心変わりすることでしょう。

うん、なんだかきれいにまとめられた気がする。Zガンダムのようにね!

では、次回を待て!

日本刀を持ったガンダム。

どうもー。いきなデス。

さて。
来た。語りたかった。ガンダムアストレイレッドフレーム!


f:id:psychogm:20171108221821j:plain


ガンダムSEEDスピンオフ作品で現れた日本刀を持ったガンダム。日本刀ですよ、日本刀。ジャパニーズ・ソードですよ。ガンダムにポン刀とか、ロマン全開じゃないですか。もう、考えたヤツ、バカなんじゃないのって。

そして、デザインも細かい! スピンオフだし、アニメにもならないだろうと思ったのか、リアルに描いたらスゲー面倒な線の多さ。後ろ姿なんて模写したら拷問ですよ。だって、背面側ほぼ装甲無いんだもん。言うなれば、貧ぼっちゃまですよ。前も申し訳程度だし、撃たれたら一発で終わりそうな剥き出しの機構!

f:id:psychogm:20171108221914j:plain


もうちょっと考えて装甲貼れと!

さらに「8」とかいう操作サポートAI。SEEDの世界観として、MSという兵器は操作が難しく、遺伝子操作されて生まれたコーディネーターしか乗れないので、普通の人でも操作できるための人工知能。でも後に正式なサポートOSとか出るから、存在感薄くなるよね!

そして、パイロット! あのイカれたホウキ頭。メカ弄りが好きなお調子者。頭髪を除いて、お前は俺かと。そんなの好きになれるかボケがと!

もうね、大好きなんですよ。とてもそうは思えない内容でしたけど。好きがゆえの暴言というか。パイロット以外は嫌いになる理由が無いわけですよ。

HGでしょ、1/100でしょ、MGの改でしょ、PGでしょ。もー全部、買いました! まあ、PGはサイフの事情で未だ届きませんが……。

振り返ってみれば、集中的に同じガンプラをスケールの違いで作ることで、なんか勉強になった気がします。何かと言われると上手く説明できませんが、なんというかメーカー側のスケール毎の「何をどう作らせようとしているか」というのがより見えてきたというか。まだまだガンプラ初級者も抜けきれない私が言うのもなんですが、好きなガンプラは販売している全スケールは作ってみた方がいいです! 断言します! 少なくとも、そのMSが好きだという自身の証明になります! ただ、他の人には引かれます! 私は友人に4体のレッドフレームを並べて飾ってるを見られて、「いや、ないわー…」って言われました! 負けないでください、心が折れたらそこで試合終了です! 負けないでください!

f:id:psychogm:20171108222032j:plain

で、ここまで書いて思い出したんですけど、アレ、忘れてました。

戦国アストレイ。

www.bandai.co.jp


あ。やばい。めっちゃ欲しい。

いつかここで、購入報告か、作成報告載せてたら「やっぱ、やりやがったコイツ」とでも思ってください。アストレイは我ながら病気です。


ではまた次回…いやさ、次回を待て!